ロリポップでのWORDPRESS環境バックアップと復元

Last Updated on 2012年4月9日 by kabekin

■ロリポップでのWORDPRESS環境バックアップ+レストア
ロリポップレンタルサーバ上でのWORDPRESS環境を保存する方法と復元する方法をまとめてみました。
この方法でのバックアップとリストアはワードプレスのメジャーバージョンが同じ場合に可能だと思われます。マイナーバージョンの違いは大丈夫そうですが、メジャーバージョンが変わると失敗する可能性があります。
バックアップとレストアが必要なのは
1)Webサーバー上のWORDPRESSデータ
2)MySQLのデータ
の2点です。


◇バックアップ(保存)
1)Webサーバ上のデータ
WORDPRESSのWebサーバ上のファイルは全て一つのフォルダに入っています。私の環境は「blog1」。このフォルダをFTPでフォルダごと全バックアップします。
ghs4gj room
私はIBM ホームページビルダーに付属のFTPソフトが転送エラーが少ないので好きです。
Webサーバ上のデータはこれでバックアップ完了です。


2)データベースサーバ上のデータ
ロリポップサーバでのMySQLデータバックアップ方法はテーブルのエクスポート機能で行います。
データエクスポートの確認を行った際のphpMyAdminのバージョンは3.2.2.1でした。
ロリポップの管理画面からデータベース管理画面phpMyAdminにログインします。
ghs4gj room
「ユーザー名」と「サーバー名」を確認して「phpMydminを開く」をクリック。
ghs4gj room
「phpMyAdminへようこそ」画面が開いたら上記画面で確認した「ユーザー名」を入力。サーバを選択し、接続パスワードを入力したら「実行する」をクリック。
ghs4gj room
phpMyAdminのトップ画面が開いたら左側のデータベース一覧からバックアップを取りたい(エクスポート)データベースを選択します。
ghs4gj room
データベースを選ぶとテーブル一覧を表示する画面が表示されるので「エクスポート」タブをクリックします。
ghs4gj room
エクスポート機能の画面が表示されるとエクスポートグループ内のテーブル名選択で全てのテーブルが選択されていることを確認する。(全選択を使用すると抜けがなくて安全)
「構造」グループ内の「DROP TABLE/VIEW/PROCEDURE/FUNCTION/EVENTを追加」にチェック。
「ファイルに保存する」にチェックを付ける。
その他は画面が開いたときのデフォルトの通り。
設定内容を確認し「実行する」をクリックする。
ghs4gj room
ファイルの保存確認が出るのでファイルを保存して。データベースのバックアップ完了です。
念のため保存したデータを確認しておきます。
FTPでダウンロードしたWORDPRESSのフォルダ一式とMySQLのデータベースデータ(テキストファイル)があることを確認しておきます。
phpMyAdminでのデータベースバックアップは「テーブルのバックアップ」と「DB全体」のバックアップがあるようですが、テーブルのバックアップの方が私のような素人向けだと感じます。


レストア(復元)


1)Webサーバー上のデータ
バックアップしていたWORDPRESS用のファイル一式が入ったフォルダをFTPでサーバに転送します。
ghs4gj room
エラー無しで全て転送し終わったらWebサーバ上のデータは復元完了です。


2)データベースサーバ上のデータ
ロリポップの管理画面からデータベース管理画面phpMyAdminにログインします。
ghs4gj room
「ユーザー名」と「サーバー名」を確認して「phpMydminを開く」をクリック。
ghs4gj room
「phpMyAdminへようこそ」画面が開いたら上記画面で確認した「ユーザー名」を入力。サーバを選択し、接続パスワードを入力したら「実行する」をクリック。
ghs4gj room
phpMyAdminのトップ画面が開いたら左側のデータベース一覧から復元(インポート)したいデータベースを選択します。
ghs4gj room
選択したデータベースのページが開いたら「インポート」タブをクリックしてインポート機能の画面を開きます。
ghs4gj room
インポート機能の画面が開いたら「インポートするファイル」グループ内の「テキストファイルの位置」の「参照」からバックアップしておいたMySQLのデータを選択します。
インポートするファイル名を確認して「実行する」をクリックします。
ghs4gj room
インポートを実行して成功すると画面に「インポートは正常終了しました。」の表示が出ます。
これでデータベースのデータ復元は終了です。
WORDPRESSのURLにアクセスし画面が表示されることを確認します。
ghs4gj room


◇データベースサーバの位置や名前が変わってしまった場合
ロリポップのデータベースを作成する際、データベースサーバを選択できますが、タイミングによっては選択できないサーバがあります。
運用期間が長くなってきた場合など再度データベースを作った際、元のデータベースサーバに作成できない可能性があります。
その際はWOREPRESSの設定ファイルwp-config.phpを書き換えてアップロードします。
ワードプレスバージョン2.9.2の場合22行目~33行目の設定を変更します。
// ** MySQL 設定 – こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘LA??????-wpnc1’);
/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘LA??????’);
/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘????????’);
/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define(‘DB_HOST’, ‘mysql???.phy.lolipop.jp’);
ghs4gj room
もっと詳しく調べたい方はこちら → 【wordpressの本を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください