RS232C ピンアサイン + ケーブル接続図 メモ

■RS-232Cポートのピンアサインメモ

オールドPCのRS232Cピンアサインは→ こちら 

RS232C ピンアサイン

ケーブル接続図
RS232C ケーブル接続図

☆一般的なケーブル接続(RS232C/EIA-574)
ストレートケーブルはすべての信号線を1対1で接続。
クロスケーブルはRXD-TXD,DTR-DRS,RTS-CTSという組になるようにクロスさせるRIとDCDは未接続

PCのCOMポートはターミナル仕様でモデムはモデム仕様である。
DTE(端末)とDCE(終端)モデム等で接続する場合はストレートケーブルを使用。
DTE(端末)同士を接続する場合はクロスケーブルを使用。

(DTE=Data Terminal Equipment=データ端末装置=ターミナル
DCE Data Circuit Terminating Equipment=終端側=データ通信装置)

最大のケーブル長 = 約15メートル (高性能なケーブルを使うともっと伸ばせる)
最大速度 = 115.2kbps

製品を探す → RS232Cケーブル RS232C変換器


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)