ASUS Turbo V EVO の AutoTuningを試す

BIOSをアップデートする前に興味のあるTurboVEVOのオートチューニングを試してみることに

作業を進めていくとRAIDの場合、不具合が発生する可能性のある旨のメッセージが表示されるので、データのバックアップを全て完了させて実施してみる。

Turbo V EVOを起動。ManualModeやEasyModeでの適正パラメータがよくわからない。

AutoTuningで適正パラメータの参考値を期待。
ghs4gj room (湘南/広島)

注意事項が表示された。

関係ありそうなのは冷却システムの追加くらい。

リテールのファンだが高回転なのでたぶん問題無さそう。

チューニング値はBIOSに保存されるらしい。
ghs4gj room (湘南/広島)

このメッセージがなんとなく怖い。

全てのデータを退避させて実行してみる
ghs4gj room (湘南/広島)

再起動が始まり、再度ログインすると結果が表示された。
ghs4gj room (湘南/広島)

Turbo V EVOのオートチューニングを行う前からTurboKeyのHWスイッチをオンしただけで3248Mcになっていたので、今回のこの操作に意味があるのかどうかは不明。

その他の設定を開くともう少し詳細な設定があったので「エクストリームまで調整」を選択してスタートしてみる。ghs4gj room (湘南/広島)

スタートすると再起動が始まり、再度ログインするとCPUクロック、電圧、メモリのテストが始まる。

どんどん上がっていくとブルースクリーンでhalt

Windowsのエラー回復処理画面で通常起動。

起動後はコアクロックが少し上がり高クロック化されている。

ghs4gj room (湘南/広島)

実際のクロックも上がってMax3374Mcで動作しています。
ghs4gj room (湘南/広島)

ついでにベンチも
ghs4gj room (湘南/広島)

HDDのベンチは
ghs4gj room (湘南/広島)

しばらくこの設定で使ってみよう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)